小学校英語教育と学習塾

小学校英語教育と学習塾

こんにちは。

2020年度、小学校の英語教育が変わります。

3,4年生は「聞くこと」「話すこと」を中心とした外国語に慣れ親しむことを目的とした「活動型」、

5,6年生は「聞くこと」「話すこと」に「読むこと」「書くこと」を加えた「教科型」の学習となるようです。

このような小学校英語改革を目前とし、私たちはどう対応していけばよいだろうと考えています。

不安なこともありますが、新しいことを考えるのは楽しいです。

ここからは私の考えを書きます。いろんな考え方があって当然です。

もしいいなと思っていただける方がいらっしゃれば、すらら塾で一緒に勉強しましょう。

2020年度から予定されている小学校英語の内容や中学校の指導要領、世の中の動きを見ていても、

やはり4技能「聞く」「話す」「読む」「書く」がポイントになっていますね。

どの技能も欠かすことのできない大切なものですよね。

言語ですので聞き取れないと困ります。話せないと困ります。読めないと困ります。書けないと困ります。

ただ、「大切だから塾でも4技能全てを満遍なく勉強するべきだ。」とは私は考えていません。

「4技能が大切だからこそ、塾では文法・単語を学習の中心にすべきだ。」というのが私の考えであり、当塾の方針でもあります。

小学校・中学校という義務教育課程の学校の存在があるのだから、「学校でやるべきこと」、「学校外でやるべきこと」を区別していいと思うんです。

文法力・単語力は「聞く」「話す」「読む」「書く」全ての動作のもとです。

何を聞くのか、何を話すのか、何を読むのか、何を書くのかと考えてみると、全て文法と単語で構成された文ではありませんか?

4技能に同じだけ力を注がなくても、特に重要なものに時間をかけるっていう勉強の方法あっていいんじゃない?と思うんです。

しっかりとした文法力・単語力をつけ、学校の授業でそれらを使い、自分の意見を話したり、相手の意見を聞いたりできたらいいですよね。

しっかりとした文法力・単語力をつけ、それを自信に本当に英語が必要な実践の場で英語でコミュニケーションを取れるようになったらいいですよね。

これがすらら塾の英語です。

 

お問い合わせ
お名前 (必須)

電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。