定期テスト対策はしてもらうものではなく、するもの

定期テスト対策はしてもらうものではなく、するもの

 

体験講習前の面談で「定期テスト対策はしてもらえるんですか??」という質問をよく受けます。

 

定期テスト前は部活がお休みになるクラブも多く、いつもよりも時間を確保することができると思います。ですので、追加授業など環境面でのご提案をすることはできます。

ただ私たち塾側がテストを分析し傾向をつかみ、ワークのこの問題とか今日はこの教科を進めようなどの「定期テスト対策」をすることに本当の意味があるでしょうか?

テストを受けるのは私たちではありません。生徒自身です。

 

定期テスト対策はしてもらうものではなく、するものなんです。

 

定期テスト対策をしてもらおう!と考えている人は、定期テスト対策があるから大丈夫、何とかしてもらえるという意味不明な理由で、日頃の学習を疎かにします。

 

定期テストに限らず、自分の学習なのに何から何まで準備してもらって、何をするかを決めてもらって、問題の傾向を教えてもらって、、、、考えてみてください。この子点数取れそうですか?

 

中学1年生でまだ定期テストを受けたことがない生徒ならまだ分かります。

ただ何度も定期テストを受けてきているにも関わらず、定期テストに向けて何をしたら良いかわからない、誰かに対策してもらわないと困るというのは普通ではありません。そんなことにすら頭を使わない受け身の生徒に、いくら良い授業をしても良い教材を与えても無駄です。

結局は本人次第なんです。受け身の姿勢の生徒は伸びません。主体的に取り組んでこその点数です。

 

だから当塾では勉強の中身以外の指導、特に考え方の部分を徹底して行ないます。

「してもらう」→「する」

「教えてもらう」→「学び取る」

という姿勢に変わることができれば定期テストなんて楽勝です。

考え方が変われば行動が変わり、結果が変わります。→定期テスト実績

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせ
お名前 (必須)

電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。