「中学生活に慣れてから、、、、」で良いの??

「中学生活に慣れてから、、、、」で良いの??

 

先週、中学校では卒業式が行なわれ、今週金曜日には小学校の卒業式が行なわれます。

今日は新中学1年生の塾についての話です。

よく、「中学生活に慣れてから塾を考えます」「部活にも入るのでとりあえずそちらに慣れてから」という言葉を耳にしませんか??

どんな風に考えるかは人それぞれなので悪いとは言いませんが、私はクエスチョンマークです。

そして、入学して2.3ヶ月たった頃に「うちの子は勉強習慣がついてないんです・・・」と問い合わせを多くいただきます。。当然、怠けている子どもも良くないですがそれ以外にも原因があると私は思います。

中学生になって部活に入る。しばらくたつと、授業→部活→帰宅という流れに心も体も慣れてくる。やって慣れてきたところに塾での学習を加えるというのは、かえってきついことだと考えます。

やっと慣れてきたところに新しく「塾」が入る訳なので。

じゃあどうすれば良いか。

簡単です。最初から塾での学習を生活の一部にいれてしまえばいいんです。最初は確かに大変かもしれません。しかし、最初から授業→部活→塾→帰宅という流れを作ってあげる方が後から加えられるよりも楽ですし、遅れが出にくいです。

(中1の1学期でつまずいてしまうのは、受験というものを考えたとき非常にまずいことですが多くの子がつまずいてしまいます。)

お母様方だって、生活の流れができているのにそこに何かを加えられると嫌になりませんか?

普段は家に一人なのに、夏休みになったら子どもの昼ごはんを作らないといけなくなるから忙しい・大変!と思うことありませんか??

それと同じです。

本当に子どものことを思うなら、「中学生活に慣れてから・・・」はオススメできません。

実際に、小学生から当塾に通ってくれていた生徒や中学に入学する前に入塾した生徒は部活との両立がよくできています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お問い合わせ
お名前 (必須)

電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。