静かな環境で学習すること

静かな環境で学習すること

 

個別指導塾といえば、仕切りはあるものの教室のどこかで何人かの講師が声を出して解説などをしているかと思います。教室のどこかで声がしているということです。生徒にとっては静かな環境で勉強をする方が良いのは皆さんご納得いただけると思います。講師の仕事は教えることではないと思っています。

もちろん教える場面もありますが、講師=教えないといけないという考えは違うと思っています。「生徒が集中して学習している」環境を作ることが大きな仕事だと思います。集中しやすい静かな環境の中で講師は生徒の学習を徹底的に見守ります。そして必要があればなるべく短い時間でサポートをします。時間をかけてしっかり説明してあげる方が講師も楽ですし、生徒も「分かった」となりやすいと思います。しかし、それは生徒の成長を妨げてしまっています。説明が上手ければ上手いほど、本当は分かっていないのに「分かった気」になりやすいんです。

自分自身が頭を使っているときにしか成長はないので教えることを最小限にする必要があると考えています。

お問い合わせ
お名前 (必須)

電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。