模試やテストは受けたあとが大事

模試やテストは受けたあとが大事

 

学校でも学力診断テストや一斉テスト、到達度診断テストなどが行なわれていますし、3年生になれば模試も増えてきます。テストである以上、点数は気になるところだと思います。

ただ、そういったテストを「点を知る為だけのツール」にしてしまうのは非常にもったいないことです。しかし、点だけを見て一喜一憂しているだけの人が多いんです。特に平均点前後をウロウロしている人、平均点以下の人のほとんどはテストを無駄にしてしまっていることが多いです。模試や実力テストは「今の自分の課題や弱点を教えてくれるもの」としても捉える必要があります。これが意外とできていないんです。試しに点数が悪かった!と言っているお子さまに「どんなところができてなかったの?」と聞いてみてください。答えることができない、「んー、文章題」などのように抽象的にしか答えることができない、なんて子がほとんどだと思います。

どの単元をどのように間違えてしまったかは最低限知るべきです。どの単元で点数を落としてしまっているのかすら分かっていなければもうそれは重症だと考えてください。

自分の課題や弱点を教えてくれるということは、その課題・弱点を知り、それを克服すれば点数は上がるということです。めんどくさいと思えばそこまでです。結果を出す子は少なからずテストの「ふりかえり」をしています。

お問い合わせ
お名前 (必須)

電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。