何でも「教えてしまう」ことはその子の為?

何でも「教えてしまう」ことはその子の為?

勉強に関わらず、「同じことを何度も聞く子」ってよくいますよね。

誤解を恐れずに言えば、テストで点数を取ることができない人の典型です。

「同じことを何度も聞く」こと自体が悪い、質問するなと言っている訳ではなく、学んだことを自分のものにしたり定着させたりする行動が学習の中に入っていないことが問題です。

一度聞いて納得し理解しているものであれば何回も聞くのではなく、解説を受けたときに残したメモや自分のノートを再度チェックすれば良いだけです。

同じことを何回聞いても毎回答えてくれる環境で学習をしてしまうと、生徒の成長スピードを著しく遅くしてしまいます。

個別指導塾では大学生のアルバイト講師が多いという現実があります。多くの講師は「分からないには全て答える」「教えてあげることが仕事」だと考えてしまい、何度でも同じ質問に答えてしまいます。

そのうち生徒は忘れてもいつでも教えてもらえると考えるようになります。だからすぐに忘れます。

当塾の指導は「本当にその子の為になるか、ならないか」を基準に考えています。

生徒の為にならないので同じことを何度も答えることはしません。放置ではないのでご安心ください。

生徒自身が「本当に自分の為になる」行動が取れるよう導きます。

これができるのとできないのとでは、定着率はもちろん同じ時間で解くことのできる問題数が圧倒的に違います。

入試の結果を分ける要因の1つです。

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)

電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。