当たり前に解けなくてはならない問題を当たり前に正解する

当たり前に解けなくてはならない問題を当たり前に正解する

 

1学期期末テストが近付いてきましたので、今日は「定期テストに向けての心構え」について私が思うことを書いていきます。

 

 

現在、すらら塾姪浜校には原北中・内浜中・姪浜中・西福岡中・下山門中の中学生が通ってくれています。

この5つの中学校では1年間で4回定期テストが実施されています。

 

6月・・・1学期期末テスト

9月・・・2学期中間テスト

11月・・・2学期期末テスト

2月・・・学年末テスト

 

の計4回です。

 

これらの定期テストでは、

「当たり前に解けなくてはならない問題を当たり前に正解する力」

を求められていると私は考えています。

 

高校入試では中学3年間で学習した内容が出題されます。

それに対して定期テストはたったの2,3ヶ月分くらいです。

範囲が狭くなる分、深く掘り下げた本当の応用問題も出題されるので満点を取ることは容易ではありませんが、基本問題をミスなく正解すれば80点程度を取ることができます。

 

全教科8割くらい取れば5教科で400点になりますが、残念ながら学年平均は400点よりも数十点低い場合がほとんどです。

 

全く勉強をしない、する気もないサボリマンは除いたとして、自分では勉強した「つもり」なのに250点~350点くらいを彷徨っている人に多いのは、

「当たり前に解けなくてはならない問題を、何とか解けるくらいの状態で本番に臨む」

ことです。

 

上に、定期テストでは当たり前に解けなくてはならない問題を当たり前に正解する力が求められていると書きました。

しかし多くの人が「何とか解けるレベル」でテストを受験します。

 

それでは当然8割は取ることはできません。

そうなってしまわないようにすらら塾姪浜校では学習計画を生徒自身が立て、定期テストの1ヶ月前には範囲の学習を終え、テストに向けた演習を繰り返しています。

 

 

後悔のないよう、テストに向けて準備を進めてほしいと思います。

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
すらら塾姪浜校には現在、
【福岡市西区】
福重小学校・姪浜小学校・内浜小学校・愛宕小学校
内浜中学校・姪浜中学校・下山門中学校
【福岡市早良区】
小田部小学校・原北小学校・原西小学校
原北中学校・西福岡中学校
の生徒が通っています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)

電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。